破壊しにいくというエウレカセブンについて

ANEMONEは「エウレカセブン」と呼ばれるものをアネモネが破壊しにいく話との予告である。はてなダイアリーも来春に終了すると予告されたので、ダイアリーで付き合いが長かったと思うエウレカセブンの現状認識を書くには、二つの節目でちょうどいい時期かもしれないと思ったので、戯言を書けるダイアリー的に少し書いてみる。

下で「リミックス版」って書いていて思ったけれど、ハイエボ1って新曲と代表曲のアレンジ版が入ったシングルCDみたいだな。きっぱり分かれている感じが。

シミュレーショニズム

交響詩篇エウレカセブンは「アニメでセカンド・サマー・オブ・ラブを再現したもの」と何度かインタビューで見た。ただし言及されるときはおおよそ「俺たちにとってのセカンド・サマー・オブ・ラブなんですよ」「そうそう」ぐらいの感じで、作り手が1994年前後から目撃・俯瞰した1988年セカンド・サマー・オブ・ラブの感覚、一種のお祭り感、あるいはDJが曲をかけるような技法でアニメを作ることを試みている意味だろうかと長いあいだ受け取っていた。

そもそもセカンド・サマー・オブ・ラブがまずピンとこない。音楽イベントとその周辺とはどういうことか。ムーブメントは肌で感じていれば言葉多くせずとも理解できるかもしれないが、時代も縁も知識もないのでうまく説明できず、何を再現しているかについては「私的体験」や「制作上のお題」と解して片づけてきたのであった。

そこへハイエボ1で「バロウズ」という地名が出る。元ネタはたぶんウィリアム・S・バロウズ*1で、1960年代前後に文章を切り刻んでつなぎ直すカットアップ技法を用いた草分けであり、それ以降の音楽界にも影響を与えて、1967年のサマー・オフ・ラブと重なる作家。こういった説明を読み書きしていて「ああエウレカセブンっぽいなー」となって、作品全体のつながりのようなものが見えた気がするのである。

美術でいえば伝統的な絵画・彫刻から機械・工業賛美の様式に転じ、そんな様式すらぶっ壊してやろうぜと前衛表現に転じて、いよいよやることがなくなってしまった時代に「こんなの見つけたけどこれ面白いよな」と個人の好みで昔のものを引っ張り出してモノを作っていくのが流行る時代が、70年代80年代以降である。ざっくり。

音楽でもサンプリングや同じ曲のリミックスを行うハウスミュージックがその流れに相当して、セカンド・サマー・オブ・ラブの主役ジャンルだったとされている。海外だと流用による表現はアプロプリエーションと呼ばれ、日本だともう少し無自覚なニュアンスに聞こえる「シミュレーショニズム」という便利な言葉で括られている。これら一連の現象がエウレカセブンの底流だったのではないだろうか。

「語感がロボットっぽくてかっこいい」という連想をきっかけにシリーズ全体で音楽用語やスポーツ用語から作品用語へと執拗に転用していて、交響詩篇はよく指摘されるように過去のアニメや創作物から、ポケ虹は交響詩篇を素材に混ぜて作っていて、AOは交響詩篇で見せた構図を繰り返して、ハイエボ1は交響詩篇前半のそれこそリミックス版である。それでハウスミュージックやロックをBGMにして進んでいくんだから、サマー・オブ・ラブからセカンド・サマー・オブ・ラブあたりの表現・構造をひっくるめての再現って意味なのかなと腑に落ちたのである。ムーブメントってそういうことかと。

「ロボットアニメはもうやりつくされているので開き直って好きなように作っていくしかない」とも制作動機で表明されていた。コピーのコピー論は大御所アニメ監督は誰かしら言っているので、その理屈もまた受け売りだろうとも言われたりするのだが、美術史・音楽史・表現史のやりつくされた果てに生まれたシミュレーショニズムを思うと、エウレカセブンはアニメにおいて同様の状況に置かれていることを自覚してシミュレーショニズムに身を浸し、それを体現している作品群であると今のところは思っている。

メタ構造と破壊されるというエウレカセブンについて

他に内容外で言われるのが、再編集が絡むときに顕著なメタ構造だろうか。ポケ虹はテレビ版世界に憧れてその再現(素材を揃えて総集編) を目指す勢力から二人が逃れる(素材を使って新作の完成) 話と見れば、作品のスタイルとなんとなく一致していて構造的に面白いとも、意地悪くない?とも思える。そういえば「エウレカセブン」の名が劇中に登場するのはANEMONEが初めてではなく、神話再生計画の通称がエウレカセブンであった。

ともするとANEMONEで登場するエウレカセブンもまた別空間であると同時に、テレビ版そのものも指しているのだろうか。テレビ版を「再生」しているのだからハイエボ1が4:3だったりPLAY BACKが出たりすることだって納得がいく。ハイエボ1空間はあのまま行くと例の次回予告の「2」に繋がるので、アネモネが殴り込みに行くことで新たな方向(「3」) に向かうという作品構造だと美しい。アイドル設定をどう拾うかが分からないが。

裏切られて追い詰められて

もう一つ全体に対して思っていることで、このシリーズで描かれる「成長」は積み重ねて伸びていくとか、同じ壁に挑戦して乗り越えていくとかそういうのじゃないよなあと。積み重ねたものは倒れるし、壁にぶつかったら他の道を探していってるよなあと。レントンホランドもデューイもネバーランドの子どもたちもアオもエレナもトゥルースもアドロックも基本的に期待を裏切られて、ベストと思った答えを失って道を進んでいく。

喪失から始まる物語は定番だが、選択肢は潰されていき、ノイズの中から炙り出すようにベターなものを手に入れる様は特色だと思っている。

戯言を書ける日記

来週には打ち砕かれるかもしれない推察や総括を今して何になるだろう、怪文書じゃないかって書いていて思う。でもこういうのを書けるのは「ダイアリー」ならではだったとも思う。去年の印象と変わらずに「ブログ」だとやはり参考になることか、コンテンツでなければならない気がしてくる。日記なら日記ということで誤魔化しが効く。

スマホゲーだって爽快・軽快・痛快を常套句にしている時代だし、アニメもより分かりやすく、より巧みに作られている近年である。見る分には他人の感想や関係者でもない人の解説は不要だし、むしろ無粋とさえ思える。見て分かるんだからそれでよくない?と思ったり、ネトフリなんかだと全話一気に配信されたりして毎週考えたりすることはない時代になって、自分は感想の言語化にどんどん消極的になっている。語り合うことや海外の反応を見るのが好きなんて人が大勢であるわけで、なぜ伝わるか、なぜこう感じたかの言語化が積極的に行われている今の時代に真逆だ。

推察がいらなくなりダイアリーも終わり平成も終わり、ターニングポイントのANEMONEからは何か書くならブログを選ぶしかない。いろいろ共通性を感じる公開直前なのである。

ダイアリーは放っておくと勝手に移行されると聞いたけれど、お知らせや計画みたいなのってどうなってるんでしょうかね。

*1:バロウズが人違いならどうかと考えたがEureka!したことに影響はないだろう

http://400pr-279.hatenadiary.jp/
恥の多い日記を送ってきました…なんて書いて、移行してほしそうにしているはてなブログを使ってやるかと足を踏み入れて作ってはみたが、ダイアリーに区切りが付けられることのほかにメリットが見えない。

エウレカセブンAO 16-18

歴史改変砲なんて恐ろしい代物が出てきてしまった。クォーツ・ガンを使えば使うほどに苦悩していくアオはかわいそうだけれど、全スカブをなかったことにしてしまえば、こじれにこじれた問題も、アンマーが四次元化することもなくなって話は丸く収まるのではないだろうか。エンディングの三人の様子からしてもそういう展開を想像してしまう。融合爆裂で消し飛んだスカブに関係した事象は変えられるんかな?

転じてナルはスカブの存在をよしとして、『交響詩篇』に繋がるような地上を覆う展開を望んでいるように見える。ただスカブは本来、時空を超えてやってくるものではなくて宇宙から来た物質が成長したものなのだから、シークレットの言い分通り『AO』の世界は初めからスカブが来るはずではなかった世界のようにも思える。2025年よりあとにスカブの素が宇宙から降ってくる可能性も無きにしも非ずだが。

となると『交響詩篇』へと繋げてタイムパラドックスを避けるためのような行動ではなく、思い込みかスカブのいう「対話」を成就させるためか。「コーラリアンと人間の混血はトラパー下では〜」を気遣った、スカブさんなりの壮大なお引越しだったりして。

フレアの人間関係を築く不器用さは、浮き彫りにされれば確かにずっと描かれていたような気もするけれど、決定打はなかったとも思うわけで。ガゼルへの想いも「父の代わりとして依存したかったから」と連想できるけれど、やはり言い切るには描写が少なくて決定打に欠ける印象がある。モノローグに頼らない代わりに、もうひと押しがほしくなる。

ヨハンソンの言説をもとに人々が動く様が『高い城の男』ならば、クォーツ収集を望んでいたビッグ・ブルー・ワールドが策を進めていれば話の展開は『プロテウス・オペレーション』あたりになったのだろうか。そういえば設定が繋がって転がりまわる楽しさは間違いなくSF的だし、事態の不透明さや「話がふっ飛んでる感じ」と以前書いたストーリーラインの切り替わり方までも、確かにSF小説を読んでる時の気分に近い。

マギーちゃんが米軍所属になって敵対する勢力図になってしまった。戦闘ではろくなことなかったゴルディ時代に続いて、改変されても幸せになるとは限らないことを身を持って証明しないか不安だ。

#15

2週休みで与力も湧いてきたので久々に。ほんと久々だな。

エウレカが出てきたというイベントを除いても、11話以前と以後で話の作りが違うように思えるのは、提示に徹されていた事象が繋がりはじめたからだろうか。露骨に謎が残されているなりに無理なく話が流れるようになったというか。普通に羽ありましたね。

感情の変化が二重人格のようになってきたエレナが目立つけど、磐戸島のトシオも何か一ひねりありそうな台詞をよく言う。SFの『マイナス・ゼロ』的な予測も放送初期からされてたりしたな。

トゥルースはさておきトシオも、光の柱に向かって飛ぶ白いニルヴァーシュを思い返している点はどうだろう。今までの描写からその光景を人々が目撃できたのは、2015年の沖縄本島スカブバーストのときぐらいだろうか。「本島に赴いていた島民はナルのみが助かった」という話とのズレは、伝聞やアオの誇張からくるものなのか、特に気にすべきことではないのか。2013年の来訪時に見たとか、これとは別のところで見たとかなら腑に落ちる。

ズレといえばエウレカが身ごもっていた「娘」、アオの「姉」の存在もそうか。幻のように現れるエウレカと月光号の中から現れたエウレカは、分岐した二つの未来からそれぞれ起点となる過去へやってきているなんて考えたりしていたけど、アオがトシオに「姉」のことを尋ねた時の反応からすると、「姉」が実在した上で何か知っていそうな感じがする。

クォーツを廃棄せずわざわざ貯めていた理由は16話で明かされるだろうか。エウレカが持ち帰ったクォーツがどうなったかも鍵の一つになりそうだが…それにしても鍵と鍵穴の多い作品だ。フレアの想い人の話題が再び浮上してくる暇はあるのだろうか。

ミラーやゴルディロックスは視聴者の中で存在を膨らませることはできても、重要な役を担わせるにはもう少し下地が描かれてほしい/ほしかったなと。ミラーは謎の一端なのだから仕方ないが、キーワードに書けることが少ないとなおさら気になってしまう。マギーちゃんとメイヴちゃんもっと喋ってもよかったのよ?

グスコーブドリの伝記

ぐぬぬぬぬぬ!これは珍しく第一印象で納得がいかない! 寝不足でやや意識が確かでなかったことが原因なら申し訳ないけれど、納得がいかなかった点がいくつかあったように思える。
人さらい以上の扱いになっている人さらいは、「死神」のような解釈にでもなっているのだろうか。全体的に訳ありげな改変が施されてるけど、いち登場人物として見ればブドリとの関係がラストで唐突に変化したのが突っかかる。
「銀河ステーション」のアナウンスとともに、単なるスターシステムとは限らない様子で登場する『銀河鉄道の夜』のサブキャラクターたちなど、『銀河鉄道の夜』の世界観が直にでてきたのは予想外だった(箔付けかもしれんけど)。人さらいが裁こうとしていたブドリの「侵犯」の容疑もそれに関係してるのかしら。
「てぐす工場」が幻のように処理されていたのも意外だったな。作中でも特に夢想的な場面である工場の件を夢に隔離してしまうことで、物語を比較的現実的なことのみで構成する狙いだろうか。本来は火山噴火の伏線もあったりするのだが、夢オチにして大して意味がないようなシーンになってしまってて勿体ない。
よいところ。美術と背景は森のシーンも都市部も圧倒的で、幻の街の非現実感も素敵だった。『イノセンス』のスタッフだっけか? 前と比較されがちな音楽は艶やかで、かつブドリのひた向きさが醸し出されててよかった。 声も特に抵抗なく、重ねられる吐息や笑い声も作品の雰囲気を支えていた。
平和な暮らしと寒波と飢饉で衰退していくまでの描写も丁寧だった。ファンタジックなビジュアルにつられて見に来てる人たちがいそうで心配である。
話の流れもわりと明確で分かりやすい部類の原作を、そのまま映像化しないのはありだけど、改変の意図を感じられなかったのがこの不満の理由だろうか。
見落としたのでなければ、クーボー博士の煙の問答がなかったのが一番残念なんですけども。

追記

明確で分かりやすい部類だと「錯覚してしまう」原作の微妙なニュアンスを、幻想と現実を行ったりきたりさせることで表現したのか。
ともすれば原作を念頭に置かなかったり、二度目に見るときはまた違う印象になるかもしれない。

エウレカセブンAO #07

なんか書こうと思ってるうちに日が経つっていう。

ナルはアオの帰る場所としてのヒロインになるのかと思ってたら、まさかの最前線に躍り出てしまった。とりあえず今回はトゥルースがアオに精神攻撃を与えつつナルを誘拐した回、でいいんだろうか。アオとガゼルたちが唐突に島に戻ってくるBパートは「トゥルースのみが沖縄に赴いて、アオは精神だけきた」幻視と受け取れるけど、ガゼル〈たち〉がいるのが引っかかる。ゾーンの中の話といい、夢と現実が交錯する話作んの好きね。

意図的なのか否か、本作は4話とか6話とか、時間経過や場面をちょくちょく吹っ飛ばしたりしてるようなのも気になる。段取りを間引いているような不思議。ゴルディロックス救出から引っ越しの買い物するまで、それなりに日が経ってるんだろうか。夢の中の磐戸島情勢の変化が急に思えたけど、1か月ぐらい経ってたら現地はあんな感じにもなるかなー。モニターの日付とかきっちりしてるみたいだから調べるかな。

トゥルースさんは現実寄りな舞台設定の中で浮き出るほどにファンタジックな存在にもかかわらず、舞台に対して間違いを指摘して「真実」を求めている。アオたちには「お前たちは何も見えてない」と言って、ナルのことは面白がる。ナルが見えるのは予知夢だからそのこと関連かなーと。アオがわりとあっさりシークレットを倒せている展開と合わせて、メタフィクション構造になってたりはさすがにないやろーと思うけど、劇場版もTV版との関係をストーリーに組み込んでいたし、會川脚本だとジャンルを逆手に取った話が多い気がするから油断できない。

しかし視聴者も主人公アオと同じように、様々なことがわからないままかき回されてるというのは、興味を持てる人しかついて来ない危うさはあるよな。最終的には綺麗にフォローされてくれたらいいけれど、間引かれてるような流れと相乗して、説明されるべき所が説明されていない欠落感がある。

他に思う点では、2話の日本軍とか4話の沖縄自衛隊とか今回のゲネブル警備隊とか、防衛側がどんくさい感じに見えるんで緊迫感が必要なシーンならもう少し緊迫感がほしい。

ニルヴァーシュから身を乗り出してアオが手を伸ばすシーンは、前作「モーニング・グローリー」のシーンが重って、その上でナルが手を取らないから結構ズドンときたりした。思えばサーカスも今回が初めてか。

ナルがトラパーを顔面で光らせながら着陸してたのは、シュールなカットになってたな・・・。光るのは腕の周りとか身体のほうが見栄えはいいような・・・。

エウレカセブンAO #03

妊娠した状態で落ちてくるなんて危ないってレベルじゃねぇ。空から降ってきた時点でエウレカに羽がないということは、今回のエウレカは前作とは違う新しい「エウレカ」という可能性が一歩先に出てきたんかなー。すると「続編」という作品の位置づけと「二人の子供」という前情報がどう解消されるのかになるが。

掘り起こされつつあるニュー・オーダーの「エウレカの七つの欠片を大地に返す」は、抽象的な展開だからいろいろ繋げやすいよなー、分からんけど。

しかし災いの素と思しき得体のしれない宇宙人とはいえ、診療所に火を放つのは過激派すぎる。漫画版でも落書き投石止まりだったけど、人の恨みはそこまでいくかー。主人公の足かせにならない勢いあるキャラは重要だけれど、結構適当なガゼルが信頼できるように見える不思議。エレナのピンク髪やレベッカの赤髪は、黒髪が大半を占める島民との分かりやすい対比にしそうかなとか予想したり。

最近のボンズアニメは作品ごとにカラーがわりと分かれてる印象なので、鬱屈した展開がある一方でパイドパイパー隊員たちの小ネタを挟んでくる感じが一昔前を思い出す。