BOOK

例によって色々他にも買ってたりはする。 コザキユースケ画集 KYMG KYMG―コザキユースケ画集作者: コザキユースケ出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス発売日: 2008/05メディア: 大型本購入: 6人 クリック: 72回この商品を含むブログ (6件) を見る7、8年前から…

画集

アンテナに引っかからなかったから知らなかったけど、コザキユースケの画集が来週ぐらいに出るようで。加えてたかみちの例の画集が今秋にようやく出るとか何とか。 コザキ線とたかみち塗りが見放題なわけですね。それにしてもこの人たちは一般向けの仕事もも…

日本建築

図説 日本建築のみかた作者: 宮元健次出版社/メーカー: 学芸出版社発売日: 2001/03/15メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログ (3件) を見る色々読み漁った結果、この本が要点押さえて広くやってる感じだったので買ったのですよ。って…

春期限定いちごタルト事件(前)

春期限定いちごタルト事件 前 (Gファンタジーコミックス)作者: 米澤穂信,饅頭屋餡子出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2008/02/27メディア: コミック購入: 2人 クリック: 152回この商品を含むブログ (74件) を見る個人的には裏表紙の文面通り…

珍日本紀行

膨大な量でカオス。土俗文化を新興宗教のごとき怪しい展示で陳列した施設から、税金の無駄遣い、有名な廃墟まで、日本の濃い部分で見る日本。ドラマ『トリック』のリアル版とも言うべき雰囲気。 「細倉マインパーク」は子供の時よく行きましたが、ここ数年、…

神社の系譜 なぜそこにあるのか

神社の系譜 なぜそこにあるのか (光文社新書)作者: 宮元健次出版社/メーカー: 光文社発売日: 2006/04/14メディア: 新書購入: 5人 クリック: 30回この商品を含むブログ (44件) を見るこの手の本はやはり好きで、正確性なんか全く求めず飛びつく。日本文化とか…

烏丸響子の事件簿(6)

烏丸響子の事件簿 6 (バーズコミックス)作者: 広井王子,コザキユースケ出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス発売日: 2007/12/22メディア: コミック購入: 2人 クリック: 41回この商品を含むブログ (12件) を見るまだまだ道のりは遠そうですが何となく終着点(も…

デッドマン・ワンダーランド(2) デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)作者: 片岡人生,近藤一馬出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/12/01メディア: コミック購入: 2人 クリック: 44回この商品を含むブログ (38件) を見る反復しな…

さて、新しい物好きや、一・二行で日々の記録を済ませるライトブロガー、どこかの誰かと新たな切り口での繋がり・少し違った自己主張を目論む人間などがはてなハイクへと旅立った今日この頃ですけれども。予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)作者: ア…

広告批評 NO.321

広告ベストテン。テレビまともに見れなくなったからって10位11個中、5個見た記憶がないってどんだけー。駄目じゃん。 1位のMacはまぁ確かにという感。日本、特にネットじゃ嫌ってる人が多いアメリカ式比較広告で、このCMも例外でないんだけど、Appleは無駄の…

王様を裸だと言った子供はその後どうなったか

王様は裸だと言った子供はその後どうなったか (集英社新書 405B)作者: 森達也出版社/メーカー: 集英社発売日: 2007/08/17メディア: 新書購入: 3人 クリック: 49回この商品を含むブログ (45件) を見るなにやらwhirlさん経由で知って買いましたがな。 童話を現…

烏丸響子〜 1

烏丸響子の事件簿 1 (バーズコミックス)作者: 広井王子,コザキユースケ出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス発売日: 2003/09/01メディア: コミック購入: 5人 クリック: 41回この商品を含むブログ (32件) を見る1巻だけ買ってなくて、特に買う予定もなかったん…

第38回星雲賞

http://media-arts.cocolog-nifty.com/festival2007/2007/09/38_9824.html ヨコハマ買い出し紀行キタコレ。

ナツイチ2007

近頃、巷では小畑健の表紙に釣られて『人間失格』を買ったという人が見受けられますが、私の場合蒼井優の表紙に釣られて『こころ』を買いましたとさ。うん、たぶん『こころ』はこれで4冊目なんだ。でも鳥巣佑有子の写真いいなぁ。 他には『銀河鉄道の夜』が…

[AD][BOOK]広告批評 No.316 中村勇吾氏のインタビューの「IllustratorやPhotoshopの起動画面、Nortonのウイルススキャン、デフラグで直してくのを見て『すげーいろいろやってんな』と思って燃える」みたいなところ、メモ帳の一括置換を愛でる私にとっては非…

秋期限定マロングラッセ事件(仮)

http://www.pandreamium.net/schedule/index.html 2008年ぐらいかしら。超期待して待ってる。

広告批評 5月号

買った。内容的にはいつものとおり。リクルートの18歳は本当に上手いよなぁ。去年もサンボBGMで似たようなことやってたんだけれど、今年のは本気モードだった。 "国民束縛法案"なる号外が折り込まれてたのが、色んな意味でなんとも「広告批評」らしかった。

エムディエヌデザイナーズファイル2007

MdNデザイナーズ ファイル 2007 (インプレスムック)作者: MdN書籍編集部出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション発売日: 2007/02/03メディア: 大型本購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログ (4件) を見る2002年ぐらいから毎年発売されてるので…

遠野物語

遠野物語・山の人生 (岩波文庫)作者: 柳田国男出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1976/04/16メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 48回この商品を含むブログ (69件) を見る「風人物語」最終回でも出てきた柳田さんのやつ。家にあったので読みましたと。 資料的…

モモ

モモ (岩波少年文庫(127))作者: ミヒャエル・エンデ,大島かおり出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2005/06/16メディア: 新書購入: 41人 クリック: 434回この商品を含むブログ (299件) を見るすごく楽しかった。 名作という名作をあんまり読んでない自分です…

時間はどこで生まれるのか (集英社新書)作者: 橋元淳一郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/12/14メディア: 新書購入: 5人 クリック: 222回この商品を含むブログ (102件) を見るやたら各書店で売り切れだった。人気なんかなぁ。既に2刷だし。柔らかいか難…

予定

『時間はどこで生まれるのか』橋本淳一郎 (集英社新書) 『アリスの論理』宗宮喜代子 (日本放送出版協会) 『アンパンマンと日本神話』山田永 (集英社新書) 『プークが丘の妖精パック』キプリング (光文社古典新訳文庫) 『椿山課長の七日間』浅田次郎 (朝日新…

少女七竈と七人の可愛そうな大人

少女七竈と七人の可愛そうな大人作者: 桜庭一樹出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 118回この商品を含むブログ (314件) を見る譬えるならば雪景色である。どこまでも純白、美しくも淡々と不変不偏。踏み込み進め…

ひとひら

極度のあがり症、主張できない/したくない性格。でもしかし、ほぼ向いてないであろう演劇という場で、少しずつ意識を変えていこうとする。 SFでもなければアクションでもない上に、どちらかといえばアレじゃないですか。なので「これに手を出すなんてPultraM…

烏丸響子の事件簿 5

軽めに。烏丸響子の事件簿 5 (バーズコミックス)作者: 広井王子,コザキユースケ出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス発売日: 2006/12/22メディア: コミック購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (25件) を見る 初の4コマおまけ付き「烏丸響子」。今後…

映像のポエジア-刻印された時間

映像のポエジア―刻印された時間作者: アンドレイ・タルコフスキー,鴻英良出版社/メーカー: キネマ旬報社発売日: 1988/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見るタルコフスキー。いい買物すぎて恐ろしい。 古本屋にて900円で買いましたが、絶版&…

海に住む少女

新訳ということで。シュペルヴィエル。 表題作の「海に住む少女」の巧みさはやはり好きですね。抽象化された透き通る世界観と、余韻のある静寂。情景は頭の中に浮かべど、いざ現実に映像にしたならば壊れるような感じ。起こっている出来事を越えて詩的表現し…

ねじの回転

恩田作品はよく買う*1けど中々読めないという、積読活字離れの兆候甚だしい私にid:dumahさんが薦めて下さった恩田作品「ねじの回転 FEBRUARY MOMENT」読了。 去る8月2日に薦められ、その日に買ったのにもかかわらず、10月15日読了。てめぇ、読むの遅すぎだろ…

プロとして恥ずかしくないWEBレイアウトの大原則

プロとして恥ずかしくないWEBレイアウトの大原則 (エムディエヌ・ムック―インプレスムック)作者: MdN編集部出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション発売日: 2005/07/19メディア: 大型本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含むブログ (24件) を見るぼ…

www.J-DEATHNOTE.com

http://www.j-deathnote.com/ 日テレのアニメ版サイトにあるバナーからポップアップされる。ポータルサイト? どうでもいいけどアニメ版はやっぱり宮城じゃ放送しないムードですか。