グループキーワード編集

駄目だ、PCを開くとつい編集してしまう。微妙なニュアンスとか語順とか改行とかを弄るのが楽しい。
ここの更新もちゃんとしたいと思いつつもつい編集し、やらなければいけないことに自ら追い立てられる道へ進む。


キーワード編集という範疇において、私の中にマゾ要素があることが発覚いたしました。

電脳コイル 8

今週のメモ

第8話「夏祭り、そして果たし合い

  • タイトルロゴなしで再び夢の中。やはりメガネをかけたままだと子入に飛ばされるようだ。
  • 学校へ送り届けるのにオートバイで乱入するシチュエーションって過去に見覚えが…なんだっけ。
  • すっかり黒客を自分の手下として使っているイサコイマーゴでやってんならメタバグを何かしたときのあの手の動きはいらんだろ(笑)
  • オバちゃんの目的は駅ビルぶっ壊した人物との接触なんだろうが、フミエを含めずにヤサイサに絞り込めてるのは3話で空間崩壊直前まで柱の影からサッチーに監視させてたからか。サッチー自身にもカメラ機能とかついてんのかしら。メタタグは自前らしいが、世間で言われてるように探偵局の上位ナンバーっぽいムードが。投げ方とか。
  • マイコ先生泥酔暴走に期待。
  • そういえばイサコは3話の時点で妨害者がいることに気づき、5話の時点で追跡者がいることにも気づき、それが同一人物であると5話で考えが及んだ、と思っていいのだろうか。
  • ヤサコハラケンに気がある、というのはやはりサッチーをいきなり止めたり謎も多いことで興味を持って、1度京子を助けてくれたりで好意的になって、過去を知ったことでフォローしてあげたいという過程の上手だろうか。…それは気があるというか肩入れしているのニュアンスに近い気が…。いずれにせよアイコが出てくるのはいいことですよ。
  • その逆でハラケンヤサコの浴衣姿を機に気にしだすというのも分かる展開ではある。周りの反応を見るとダイフミはいいがハラヤサはいらんだろとか言われてますが…。
  • 京子の無邪気でウザい行動がいいなぁ。むやみにダイチフルボッコにして、助けてもらったハラケンにブ〜ン!ぴたって、いい動きだ。
  • 『見詰め合うと素直にお喋り出来ない』で「一緒に果たし合いに行きませんか」。予想以上に裏ではフミエにゾッコンなわけでした。弱弱しい反応がまた。
  • 「信用などしなくていいわ。ただ従えばいいの」とのたまうイサコ。どんな事情であろうと目的遂行(その目的すら真の目的のための舞台造りでしかないわけなんですが…)のためにダイチを脅しかけるなんという冷血。
  • なんだかんだ言いながら綿菓子買ってきてくれる好きな子とのひと時を諦めなければならない、この葛藤は切ないな。
  • ダイチの突き放すような果たし合い宣言も定刻どおりの行動と解釈しているんだろうけど、鳥居の下で条件を確認するフミエの表情が何か心裏に抱いているように見えるのは、私の無意識がそうさせているんだろうか。
  • それぞれの思惑。隠していく仄かな想い。