7月のメモ

  • 7/13:金ロー→魔女宅
  • 7/20:Microsoft Basic Optical Mouse
  • 7/20:コイル小説(2)
  • 7/21:土プレ→時かけ
  • 7/25:FREENOTE/オトノハトライアングル
  • 7/27:金ロー→ルパン

夏休み目前に魔女宅→時かけ→ルパンとか鉄壁すぎる展開で恐ろしいわ。
マウスは欲しい系のものとして。FREENOTEは2年超のブランクでどんなことになってるのか期待もあり不安もあり。

DARKER THAN BLACK -黒の契約者-

第14話「銀色の夜、心は水面に揺れることなく…(後編)」

  • 黒って能力自体はそんなに強くない(弱いというか、むしろ敵が化け物レベル)んだが、頭の回転の速さで切り抜けてるのが最大の武器な気がする。自分より体重・体長が尽く上の相手と戦い続けたウルトラマンよろしくで。違うか。
  • んで、関係のない人間は失神させるだけという性格が初めて描かれたかな。この辺は内面的変化とも採れるけど、今までターゲットやその他外道しか相手にしてないだけに、無関係な人間に対しての対処はスルー以外やってなかった気がする。久良沢になんか傘まで立てかけてやったりして。
  • 契約者イツァークとベルタがこれまでの契約者と違って、どこか抒情的だったのが印象的だった。
  • 黄は契約者を契約者として割り切り、契約者の感情を認めたくない怨み節があるんだろうが、組織からの圧力に対してのほうが恐れの感情は強そうだな。とりあえずフォローに入ってしまったのは変化の兆しか。
  • 銀にとっては今まで組織のメンバーであることは「当然」で「義務」のようなものであったから「帰らない」と言ったが、黒に「仲間」と言われてハッとして義務でない「選択」としての「帰らない」を選んだ、でOK?他にも考えようはあるけれどいずれにせよ銀がよかった。
  • 笑おうとするが笑えず口をムニムニさせて、左手で引き上げて見せるのは展開的に王道とはいえ色々と細かかった。グッジョブ。
  • いつの間にキコの腐友温泉について行ってたんだよ(笑)あと色変えてもGUIがどうみてもxpです。

電脳コイル 9

あっちのミチコさん

  • 夏の合宿。今まで生きてきて学校で合宿ってしたことないんですわー。グダグダの文化部しか入ってこなかったから。
  • ハラケンも弱弱しいながら誘電波か。確かにデンパは誘電波でメタバグに耳を済ませてたりしたらいじめられキャラだよなぁ。ダイチはいいやつです。
  • パパンが仕事してた…テキパキ仕事するときもあるんですね。
  • なんという無駄なスポコン(笑)メガビー打つポーズ100回って地味にきついですよ。ダイチチの命令の素振り1000回でバッティングポーズをすかさずとったナメッチは何なんだ。どんだけ長いものに(略)
  • 霧の出るところにミチコさん4423と言うメタバグ
  • ダイチの話ていた都市伝説、いわば2話に出てきた「横断歩道の黒い影」都市伝説だが、モチーフがどう考えてもカンナに思えるが…だからハラケンが切り返したと考えられるか。語り終わったあとの目は狙ってる目だ。
  • 真っ黒い生き物がなんかのPVで出てきたキモい乳酸菌生命体を破壊する黒い生命体みたいなデザインだなぁ、と。てか、どうやったらこんなにキモグロなデザインを思いつけるのか(笑)
  • 他のメンバーが怖い話に気を取られているうちにイサコミチコを償還。
  • 酔っ払いマイコ先生といい、楳図ネタといいハレグゥのノリを大人しくしたようなこのカオスっぷりはいったい(笑)

  • イサコの仕向けた果たし合いは自分の行動が制約されないように目を背けさせる意味だけでなく、キラバクの反応をオバちゃんに感知させないためもあったか。こいつぁ予想外。
  • よく考えたらサッチーは何を強化したんだろう。校舎内に入ってるとき苦しそうな形しててなんかシュールだ。
  • g:coil:id:chrome:20070707:1183806445 3メートルとチュパカブラは本編見た瞬間に膝叩きましたけど、タッシリの宇宙人は名前思い出せなかった。これですね。光る緑のおっさんの話は向こうにも書きましたが、ミチコさんみてリアルに思い出したのは私だけでいい。
  • ミチコの声に導かれ彷徨う、ハラケン。三番目の小道が入り口。
  • 鍵穴の数だけミチコを融合させたわけか>イサコ。とすれば、イマーゴはメーカーの隠し機能ってのがフェイクでミチコの力で無理くり神経とメガネをリンクさせたってのはありやも知れぬ。