風人物語

#06 缶けり

  • 印象的なコントラストで始まる、闇夜の缶けり。建設現場で懐中電灯オンリーですか・・・怖い。"風使える!"って以前に、缶けりとかで風使うとか反則なような・・・。
  • 風使う少年たちを目撃してしまったナオ、今日はミキではなく涼子さんに報告。風猫は食っちゃ飛び食っちゃ飛び。猫なんてそんなもんですか。だから太る。
  • 缶けり飛び入り参加とか迷惑な姉ちゃんたち(笑)。いきなしハッスルですもの。初缶けりの涼子さん、ナオの缶蹴って後味よく終了。
  • ベーゴマでも風が活躍。風は誰にも習っていないらしいようで。にしてもナオたちって風あんまり使いませんねぇ。遊びとかに。ないか。
  • 大気先生勤労意欲ねえなー(笑)。
  • 遊び場封鎖で隠れる場所と広い土地を両立したフィールドを探す。提案を続けるナオより小学生の方が冷静だったり。
  • 風をうまく扱えぬようになりだす小学生たち。そこが風使いとの違い・・・ベーゴマでコンクリ削れてますがな。
  • 遊べない環境、遊べなくなりゆく現実。んー。
  • 缶がデブリに(笑)
  • 心の中の風、いつまでもその風を止めないように。と。