クローバーフィールド

  • 意外と直球のパニック映画でスリル映画で演出映画でした。所々お決まりな所もあれど、事態や「破壊者」の全貌が見えないのは結構効きますわ。手に汗。低予算とか言いながら作りこみのレベルが高かったわ。
  • 警告されてたから映像酔いするのかと期待してたけれど、むしろビデオカメラ特有の音の拾い具合で耳の方が破壊されかけた(笑) 世間の人よくあの音量で何ともないなぁ。
  • 人物関係を示すのに必要なシーンではあるけど、ビデオカメラでパーティ撮るってのはただのホームビデオに変わりないので、非日常に変化するまでがどうでもいいという感じにはなった。映画として見なきゃならんのだろうけどねぇ。
  • あとカメラ持っている人の視点でありながら、それを見せられているという立場なわけであって、作品が示していたように「実録の資料」という設定でのビデオなのか、それとも実は違う設定なんじゃないかと見終わって妄想したりするのが面白かった。
  • しかし鈍い評価になりそうな作りではあるかも。
  • ナイト・シャマランっぽい感じもしたかも。