攻殻機動隊2.0

  • 帰省したりすると確実に見れなくなる映画なので優先して見に行きましたよ。
  • リメイクの動機になったところだけあってか音がすげぇ。徹甲弾とか戦車の発砲音とかもうゴリゴリと。
  • 冒頭のビルの上にいる少佐のカット辺りで3D→2D→3Dの繋ぎになってるところは色々と違和感が。他はそうでもないんだけどね。
  • あのマトリックスのコードの元ネタになったタイトルバックがイノセンス仕様になってて、デフラグや一括置換を愛するような「情報処理描写フェチ」としては若干口惜しかったり。
  • エフェクトやHDリマスターの仕方が上手いのもあるにせよ、13年経っても全然耐えうるクオリティの作画だと再認識しましたわ。
  • マイナーアップデートって言ってた観客もいましたけど、全作画刷新とかをバージョンアップとするならそうなるかもしれませんな。
  • パン処理がいかにもデジタルな動きになってたのが気になった。元からだっけか?
  • 榊原人形使いになって口調も「君」が「あなた」になってたり女性的な感じになったよう。「私のコードは〜」と名乗る辺りはゾクッと来た。
  • 総括としては色々確認・体感できて見れてよかったっす。上映圏内に住んでてよかったよかった。
  • 近くでポニョやってたんで梯子して見ようかと思いましたけど、見るなら単発で見たほうがよさそうなので保留に。レビューとか見る限り楽しさと不気味さが混じってるみたいで疲れそうなんだよな。