コクリコ坂から

久しぶりすぎてダイアリーどう書いてたんだったかとか、カテゴリー何つけるんだったかとか忘れたよ。
趣味に合ってしまったものはわりと何でも食べられる、ゲド戦記でもそれなりに美味しく見れてしまう自分の感性では信憑性も何もあったもんじゃないと思うけど、純粋に楽しかった。
序盤の序盤は若干とっ散らかった印象だったんだけれども、ちょうど予告で使われてる場面のあたりから一気にスーッと鮮やかな雰囲気になって、しっかりポイントを押さえながら生き生きした勢いのままに走り抜けててよかった。脚本を映像化するうえでは当然ながら、ト書きでは描写されていない細かい芝居もきちんと付加されてたし、そういうとこで結構ニヤニヤできる。脇役では空とヒロさんが可愛いかった。
音楽の使い方、躍動的なシーケンスに合わせて流れるジャズがいい。ある意味王道、古典的な曲の付け方をしてきてた今までの作品と違って、青春部活映画にもあるようなセンスで似合ってていい。
脚本段階からある合唱なんかは作品のことを考えてという以外に、吾朗監督の持ち味にできるように駿が計らって組み込んだようにも思える。・・・ゲドの時は一時退出してたからアカペラパート見てたか分からんか・・・。
その監督・脚本両者が糾弾してた作画の甘さは、確かに指摘されてたような部分を気にかければ気になった。勿体ないけど普通に見る分にはあんまり気にならないんじゃないかとも。そんな甘々なこと思ってたら見る側でも殴られるかもしれんが。
初日の初回のせいか、前日の金ローの放送効果のせいか客少なかったのが、暑苦しくない分ありがたくもあり、楽しかった身としては今後が心配でもある。朝から映画見に来るやつはそんなにいないだろうけどさ。
宣伝PVはしっとりした感じをピックアップするんでなく、もっと明るい挿入曲とかキャッチコピーにもなってる『上を向いて歩こう』をBGMに編集したほうが作風にあってるんじゃないかとも思う。でも、あんまり宣伝でハードル上げても評価が辛辣になってしまうだろうから難しいもんよね。